【韓国】チェ・ヨンスン大韓法務士協会長”警察、ドローン増加から市民人権守らなければ”

image_printPrint

チェ・ヨンスン大韓法務士協会長”警察、ドローン増加から市民人権守らなければ”
強い記者strong@lawtimes.co.kr 入力:2018-11-02午後5:54:18

チェ・ヨンスン大韓法務士協会長は10月30日ソウル、麻浦区(マポグ)警察共済会建物で社団法人韓国ドローンBIZフォーラムが主催した’4次産業革命時代ドローン&アンチドローン発展方向’セミナーに参加して”警察が市民の人権を中心に置いてドローンを活用したり取り締まらなければならない”と強調した。

チェ協会長はセミナー祝辞で”ドローン産業が急激に成長する中でドローンによる威嚇と副作用も同時に増加して、法務士協会長でなく刑事学者としてこの場に立った”として”警察の一次的任務は市民保護で、警察は効率的業務と市民人権保護の接合点を絶えず模索しなければならない”と明らかにした。

引き続き”(警察が)ドローンを活用する時も人権と人間性という根本が十分に考慮されなければならない”として”警察がドローンの善良な活用を模索して市民の人権守りの役割を充実していることを願う。
人権を中心に置く時に警察が推進中の各種法制化作業も易しくて速かに進行されるだろう”と強調した。

アンチドローンは無人機であるドローンによる犯罪も事故を防ぐための技術や機器を意味する。
アンチドローン市場は全世界で今年4億ドルと推定されて、2022年まで年平均23.9%ずつ成長すると展望される。

セミナーではイ・サンウォン龍仁大教授が’アンチドローン実証で盾の性能検証’を、キム・ヒョンジュ檀国(タングク)大教授が’警察任務用ドローンおよびドロンボ[仮訳者注:Dronbot] ロードマップ’を、キム・ヤンヒョン新羅大教授が’4次産業革命時代に応じるドローンパラダイムと警察活動’を主題として発表した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=147957&kind=AE&key=

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す