【韓国】大韓法務士協会、法務士取引公共・金融機関甲質行為根絶に積極的に取り組んで

image_printPrint

大韓法務士協会、法務士取引公共・金融機関甲質行為根絶に積極的に取り組んで
法務士に対する甲質事例全国的収集、不公正行為集合して公正委および金融監督院告発措置などすべての手段工夫


写真;大韓法務士協会が開催した全国会長団会のワークショップ 提供;大韓法務士協会

(旅行レジャー新聞=イ・ジョンチャン記者)大韓法務士協会が全国会長団会のワークショップで法務士と取引中である公共機関および金融機関の各種甲質行為に対して公正委などに告発措置するなど強硬対応することにするにともない全国事例調査に着手したと23日明らかにした。

大韓法務士協会が強硬対応に出たことは最近社会的物議をかもしている甲質行為と関連して法律専門職である法務士に対する公共機関および金融機関の甲質行為がその度を越していると判断したためだ。
10月10日国会国土委の国土交通部等国政監査でイ・ホンスン議員(自由韓国党)が問題にした住宅都市保証公社(略称ハグ、HUG)の法務士に対する不公正取引契約強要など各種甲質行為に対して大韓法務士協会は氷山の一角に過ぎないと明らかにした。

法務士と取引中である公共機関と金融機関で△入札落札者等報酬叩き△公課金先代納△報酬支給遅延△権原保険強制加入など拘束条件付き取引△委任業務外業務強要などの甲質が公然となされていると報告されていてこれによって該当法務士が受ける精神的苦痛は到底話せない状況だ。

このような甲質行為は無限競争に追い出される専門職の市場脆弱性を利用したものだといった点で、ややもするとその被害がそっくり国民に跳ね返ることがおきるという点でその問題の深刻性がある。
また、7月5日イ・ナギョン国務総理主宰で開いた国政懸案点検会議で“甲質は私たちの社会の代表的な生活積弊”として“社会で甲質をなくすために公共の部分が先に実践する”と宣言したこととも配置されるものだ。

大韓法務士協会チェ・ヨンスン協会長は“このような現実は専門職種の根幹を揺るがすということだけでなく、当該資格者個人の耐え難い苦痛を伴うという点でこれを深刻に受け止めている”として“すべての公企業および金融機関の法務士に対する甲質行為を積弊として、これを根絶するために所属地方会を通じて具体的な事例収集に着手した”と明らかにした。
大韓法務士協会は全国にわたった関連機関の各種不公正事例が集合されると同時に即機関別に分類してこれをマスコミを通じて知らせる一方公正取引委員会や金融監督院など関係機関に告発措置するなど根絶される時まですべての手段を動員して正していく計画だ。

【出典】韓国/旅行レジャー新聞
http://thetravelnews.co.kr/10/%EB%8C%80%ED%95%9C%EB%B2%95%EB%AC%B4%EC%82%AC%ED%98%91%ED%9A%8C-%EB%B2%95%EB%AC%B4%EC%82%AC-%EA%B1%B0%EB%9E%98-%EA%B3%B5%EA%B3%B5%C2%B7%EA%B8%88%EC%9C%B5%EA%B8%B0%EA%B4%80-%EA%B0%91%EC%A7%88%ED%96%89/

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す