【韓国】動産・債権の担保登記に関する事務処理指針一部改正例規(登記例規第1499号)

image_printPrint

動産債権の担保登記に関する事務処理指針一部改正例規

1.改正理由
例規の様式中将来に施行されることに備えて規定した様式によって現動産・債権担保登記関連業務に混乱が生じる心配があるのでこれを予防するため

2.主要内容
別表文書様式のうち別紙第19号様式”仮処分(仮差押さえ、競売申請)登記抹消通知書”を削除する

3.動産・債権の担保登記に関する事務処理指針一部改正例規
添付のとおり

4.新・旧条文対比表
添付のとおり

Download

大法院登記例規第1499号                      2013.6.14.決裁

動産・債権の担保登記に関する事務処理指針一部改正例規

動産・債権の担保登記に関する事務処理指針(登記例規第1459号)一部を次のように改正する。

第17条のうち”第1号から第36号まで”を”第1号から第18号までおよび第20号から第36号まで”とする。
別表様式目録を別紙とともにして、別紙第19号様式を削除する。

附則
この例規は2013年7月1日から施行する。

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す