【韓国】”不動産登記100周年…変遷史興味があれば法院展示館で”

image_printPrint

“不動産登記100周年…変遷史興味があれば法院展示館で”
5日’もう一つの法院の話、不動産登記’企画展示開幕
(ソウル=ニュース1)ソ・ミソン記者| 2018-10-05 16:49送稿

(大法院提供) (c) News1

大法院法院展示館が今年で全国施行100周年をむかえた不動産登記制度の過去と現在、未来に光を当てる無料展示を開く。

大法院は5日午後3時ソウル、瑞草(ソチョ)法院展示館で’もう一つの法院の話、不動産登記’という主題で企画展示開幕式を開いたと明らかにした。

展示では不動産登記制度の歴史と1910年土地調査以後の韓紙の冊子で作られた帳簿式から登記用紙を追加できるカード式(バインダー式)、現在の電算登記簿につながる時期別の登記簿を見ることができる。
6・25戦争中に銃弾に当たった登記簿など歴史跡を入れた資料、登記済証から現在の登記畢情報までの変遷資料も展示される。

登記申請から登記事項証明書発行過程までを体験できるコーナー、不動産登記の未来像を入れた映像も準備された。
アン・チョルサン法院行政処長は開幕式で”今回の展示が時代とともに多くの変化を経てきた不動産登記制度全般に対する理解を高める機会になることを望む”と話した。

【出典】韓国/ニュース1
http://news1.kr/articles/?3443060

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す