【韓国】不動産トレンド

image_printPrint


不動産トレンド
不動産権利分析・資産評価10分で終わり? ロボット公認仲介士内金を融通する?
2018-10-03 09:15
[仮訳者注:以上、画像上の文字]


もうAIは私たちの生活のあちらこちらに知らず知らず位置しています。
不動産産業においても例外ではありません。
最近不動産市場には数多くのAI技術が入ってきて便利に使われています。
不動産産業に入り込んだAI技術どのようなものがあるのかリアルキャストで調べてみました。
[仮訳者注:以上、画像上の文字]

AIが不動産産業に?

[リアルキャスト=チョ・ヒョンテク記者]不動産は人が人生を営むにあたってはなくてはならない重要な財貨です。
だから不動産は我が国だけでなく世界経済で重要な役割をはたしていて多様な産業が派生し成長しました。
今でも数多くの人々が不動産産業を生業としています。
しかし4次産業革命と共に不動産産業にも新しい風が吹いています。
この新しい風は正に人工知能(AI)とビッグデータなどの新しい技術が不動産市場に入ってきているということなのです。
果たしてこの技術によってどのような不動産産業ができ、市場はどのように変貌しているのかリアルキャストで調べてみました。

難しい権利分析AIでたやすく~

[仮訳者注:画像上の文字は「複雑な分析も簡単に!」]
もうオンライン上で人工知能(AI)の助けを受けて不動産権利分析ができるようになりました。
不動産権利分析は不動産取引時に存在する多様な問題点を予防するために不動産登記簿謄本と建築物台帳上の事実および権利関係などを綿密に分析することを言うのです。
どこかのある不動産O2Oプラットホーム業者ではAIを利用した権利分析サービス’[仮訳者注:原文ママを仮訳]テストサービスを始めると明らかにしました。
このシステムは不動産情報を入力すれば不動産権利分析報告書がわずか数分内に提供されます。
しかし残念なことに現在このシステムは公認仲介士だけが使えて、一般の人たちに提供されるためには時間がもう少しかかる予定です。

不動産資産評価10分で終わらせる?

[仮訳者注:画像上の文字は「この家は4億!」]
2018年1月にどこかのある業者ではAI技術を利用した不動産チャットボット[仮訳者注:Chatbot、チャットロボット] サービスの提供を始めました。
チャットボットというのは人工知能をベースに人と対話をするプログラムです。
利用者はこのチャットボット サービスを通じて不動産評価、税法判例検索、税金計算などの業務を早く処理できます。
しかしまだシステムが市場に定着していないのでデータが不足してたびたび計算エラーが発生します。
もし時間が経過してこのような不十分な点が改善されるならば歩き回って不動産資産を評価しなくても家の中で容易に不動産資産評価を進行できるでしょう。

人は仕損じるが~私は仕損じません

不動産売買市場に仲介人に代わる人工知能ロボットが登場しました。
アメリカのレックス不動産エクスチェンジ(Rex Real Estate Exchange)と日本のGA technologiesがその代表的な例です。
この会社はウェブで不動産物件検索から購入、進んで管理までワンストップでできるプラットホームで運営されています。
このような変化は私たちの生活を潤沢にすることができるのです。
最初に仲介手数料が減ることになって仲介業者に行き来する苦労を減らすことが出来て、人が確認しなければならない業務をロボットがするので失敗が顕著に減ります。

どこに引っ越ししなければならないだろう?

[仮訳者注:画像上の文字、上段左から「資産」「住居条件」「職場」「交通環境」]
アメリカにのある不動産業者は顧客の情報を通じて顧客に相応しい住宅を紹介します。
この業者のデータ システムは顧客のSNSや記入した情報を通じて顧客の情報プライバシーを収集して顧客の資産と住居条件、職場、交通状況などを分析して各自の使用者に適合した不動産を推薦するのです。
このおかげで引っ越しを準備する需要者は直接色々な町内を調べてみる苦労を減らすことが出来るので満足しているといいます。

この建物には管理事務所がないと?

[仮訳者注:画像上の文字「水道管が古い?」
ビルディング管理にAIを組み合わせる事例も生じました。
例えば昨年アメリカのあるシリコンバレー企業はAIチャットボットが建物施設と賃借りという状況などを自動で管理するサービスを立ち上げました。
建物の問題をAIが把握して建物主に教えるシステムでしょう。
国内のある企業も知能型映像分析アラーム・出動、フルHDリアルタイム映像モニタリング・保存などを提供するサービスを提供して、エネルギー消費現況と分析結果をスマートフォンやPCを通して見せてくれて、ビルディング エネルギー費用を最適化するサービスを提供しています。
AIがビルディングを管理する領域は次第に増えることで未来にはAIがビルディング全体を管理する時代がくると予想されます。

不動産関連従事者はどうする?

[仮訳者注:画像上の文字「新しいパラダイムに適応して、明日を準備してこそ成功する!」」
最近AIに対する書籍や記事は周辺で難なく見ることができます。
このような書籍や記事の共通の内容はAIは次第に多様な産業分野に利用されるという内容です。
現在の人々がする多くの仕事をAIができるという話も出てきています。
不動産産業も同じことです。
今ではないが後日AIシステムがさらによく完備すれば不動産産業は各種費用を低くして質が良いサービスも提供されることができるでしょう。
このようになるならば多くの人々は職場を失うでしょう。
だから不動産産業に従事する人々ならば社会の新しい変化に適応して自身が進む道をあらかじめ準備してみるのはどうでしょうか?以上リアルキャストでした。

【出典】韓国/リアルキャスト
http://www.rcast.co.kr/sub02.php?BRD_ID=1538023012698

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す