【韓国】’市民代表とともに’法務士制度発展方案摸索

image_printPrint

‘市民代表とともに’法務士制度発展方案摸索
大韓法務士協会、’法務士発展のための市民会議’委嘱
強い記者strong@lawtimes.co.kr 入力:2018-09-18午後3:17:25

大韓法務士協会(協会長チェ・ヨンスン)が初めて教授・言論人・市民運動家で構成された市民諮問委員会を構成して法務士制度発展方案摸索に出た。
客観的で中立的な市民代表らと共に法務士業界の発展方向を考えるということだ。

法務士協会は18日ソウル、ノンヒョンドン法務士会館で’法務士発展のための市民会議委嘱式’を開いて委員長であるパク・ヨンギュ京畿(キョンギ)大法大名誉教授など10人を委員で委嘱した。

市民会議は現執行部任期の間一時的に運営される諮問機構で、分期別で会議を開いて△望ましい協会運営方向△法務士地位向上方案などを執行部に建議する役割を受け持つ。

諮問委員はパク名誉教授とカン・ドンウク東国(トングク)大法大教授、オ・ヨングン漢陽大ロースクール教授、ユン・ドンホ国民大法大教授、アン・チンコル民生研究所長、イ・サンウォン龍仁(ヨンイン)大警察行政学科教授、オ・チャンイク人権連帯事務局長、ムン・ジンホン ネイル新聞論説室長、パク・ムンギュ京郷新聞局長、イ・サンベ マネーツディ法律メディア the Lエディターなど10人だ。

客観性と中立性のために全員外部の者で構成された。

諮問委員はこの日初めての懇談会を開いて△法務士制度活性化および職域拡大方案△対国民サービス発展方案△探偵制度法制化方案などを議論した。

チェ協会長は”121年の歴史を持つ法務士業界がこの間国民のために多くの活躍をしたのにその真価が広く知られなかった”として”市民を法務士の中に迎え入れて意見を聞いて指向性を一緒にして国民信頼を高めようと思う”と話した。

それと共に”最近業務量が減って職域侵害で難しい状況に置かれた全国法務士に希望をあたえる一方国民と共にする法務士に新たに生まれ変わる契機にする”と強調した。

チェ協会長は去る4月第21代大韓法務士協会長選挙過程で法務士制度の公益性と有用性に対する対国民広報および国民意見取りまとめのために市民団体・言論・学界など各界各層が参加する諮問機構を構成すると公約した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=146700&kind=AE&key=

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す