【韓国】2024年スマート法院4.0が開かれます。

image_printPrint

すでに掲載しました
人工知能(AI)と法律サービス
シン・ハナ弁護士(法務法人トクス)
のなかでも「大法院もまた‘スマート法院4.0’という名前の次世代電子訴訟システムを構築している。」と触れられています大法院の‘スマート法院4.0’に関するプレスリリースを掲載します。資料中細かい図表については訳文が付いていません。
———–

報道資料
2018.4.
大 法 院
Supreme Court of Korea
2024年スマート法院4.0が開かれます。
-“Nクリック”だけで司法サービス提供が可能な
ビッグデータ、人工知能基盤の次世代電子訴訟システム構築-

■重労働の難しかった司法サービス、もうさっと変わります。
✓スマートフォン一つだけあれば法院に行かなくて家でも裁判可能
✓訴訟書類準備にあちこち行く必要なくクリック何度かでOK
✓判決文も自由に検索して、気になった点は人工知能チャットボット24時間返事

■システムが自ら処理する知能型法院に変貌します。
✓すべての訴訟書類全面デジタル化でビッグデータ分析基盤準備
✓ビックデータ基盤人工知能システムが法官業務負担を軽減、忠実な裁判環境確保
✓各種業務処理を知能化、自動化して事件処理期間短縮

□ 概要

○ 2010年特許事件を始め刑事事件を除いた全裁判業務で電子訴訟が実施中である。
○ しかし難しい訴訟手続および国民の要求水準に達することができない司法サービスで国民の不便が加重されている。また、第4次産業革命として台頭する急速な情報通信技術発展に対応する必要性がある
○ ところで現在の裁判事務・電子訴訟システムは1999年以後部分的、段 階別拡張によるシステムの複雑度が深刻で、老朽化と非標準で新技術を受容できなくて改善限界に直面した
⇒“Nクリック”だけで司法サービス提供が可能な次世代電子訴訟システム全面構築が必要である

□ 推進戦略および推進課題

○ 国民に信頼を受ける司法サービス革新のための開かれた知能型法院(Open Intelligent Court) 構築

○ 4大戦略領域14個の課題推進
戦略領域 戦略推進目標 実行課題
司法情報
公開体系革新 司法情報公開体系革新で
法院の透明性と信頼制度 1.司法情報公開ポータル
2.司法情報共有センター
国民中心
司法サービス革新 便利な訴訟、オンライン裁判等
サービスパラダイム一大転換 1.司法統合民願ポータル
2.知能型私一人で訴訟
3.訴訟書類提出簡素化
4.モバイル電子訴訟サービス
5.時空間制約を克服するオンライン裁判導入

□スマート法院4.0構築以後の国民の姿

○ スマートフォン一つだけあれば法院に行かなくて家でも裁判可能
○ 訴訟書類準備にあちこち通う必要なくクリック何度かでOK
○ 判決文も自由に検索して、気になった点は人工知能チャットボットが24時間返事

○ 国民観点の核心変化は次のとおりである
- 司法情報公開ポータル ⇒ 判決文情報公開拡大
・ 司法情報公開ポータルを通した判決文情報公開拡大で国民便利性
向上および透明性向上、民間法律サービス市場開拓で働き口拡大
寄与
- 知能型私一人で訴訟 ⇒ 賢い人工知能チャットボット
・ 人工知能チャットボットが法院勤務時間にこだわらず24時間訴訟
手続から訴状作性まで案内、訴訟書類直接作成で訴訟費用削減
- 司法情報共有センター ⇒ 添付書類はクリック何度かでOK
・ 様々な行政機関、法院訪問なしで司法民願ポータル電子訴訟を通じて
Nクリックだけで書類提出完了
- オンライン裁判 ⇒ スマートフォン一つあればどこでも裁判
・ スマートフォンだけでいつどこででも裁判出席が可能で国民便益中
司法サービス提供。既存法廷余裕率増加で充実した審理可能
- 司法統合民願ポータル ⇒ すべての司法民願は1か所で
・ 12個で分散したチャネルの単一化でアクセス便宜性向上。法院訪問
なく諸証明オンライン発行対象拡大
- モバイル電子訴訟 ⇒ モバイルですべての訴訟過程解決
・ モバイルでもウェブページ水準の申請、提出、照会可能

□ スマート法院4.0構築以後の法院の姿

○ すべての訴訟書類全面デジタル化でビッグデータ分析基盤準備
○ ビッグデータ基盤人工知能システムが法官業務負担を軽減、忠実な裁判環境確保
○ 各種業務処理を知能化、自動化して事件処理期間短縮、業務効率化

○ 法院観点の核心変化は次のとおりである
- 知能型法官業務支援 ⇒ 知能型法院に全面改編して忠実な裁判注力
・ 事件審査段階 ⇒ 知能型早期和解・調整の可能性予測、類似事例推
  薦
・ 期日準備段階 ⇒ 主張書面の争点文章自動抽出
・ 審理段階 ⇒ 質疑語意図把握知能型統合検索
・ 判決段階 ⇒ 類似参照判決文自動推薦、知能型判決文形式的草稿生
  成
- 訴訟手続き別業務支援全面改編
・ 類似機能を統合して非効率的管理費用を節減する。事件進行段階別メ
ニューと手続き案内で容易で早く探して、業務脱落を防止する
- 業務再設計および自動化
・ 欠陥を自動チェックして司法情報共有センターを通した住所補正を最
小化してこの中で決裁処理方式および期日変更命令手続きを簡素化す
る。業務処理全般の手続き簡素化および自動化で形式的手続き的業務
を軽減する

□統合履行計画
○ 進行経過
- 2015年司法長期計画TFT、2016年司法情報化発展委員会活動等をス
マート法院4.0構築のためのマスタープラン設計を完了する
- 2016年裁判事務システム診断および改善BPR/ISP事業、2017年次
世代電子訴訟システム構築のためのBPR/ISP事業を通じて事業予算
獲得のための基礎準備を完了する
- 2018年1月企画財政部に予備妥当性対象事業選定のための事前審議
を申請して2018.4.4.予備妥当性対象事業に選ばれる
○ 進行計画
- 2018年、2019年2年間予備妥当性調査、予算獲得期間を経て2020
年から2023年まで4年間の構築履行を推進する
- 2024年システム オープン

[仮訳者注:全文は添付ファイルでご確認下さい。一部図表は原文のままです。]

報道資料-2024年スマート裁判所4.0が開かれます

【出典】韓国/大法院/報道資料
https://www.scourt.go.kr/portal/news/NewsViewAction.work?pageIndex=1&searchWord=&searchOption=&seqnum=1464&gubun=6

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す