【韓国】人工知能(AI)と法律サービス

image_printPrint

人工知能(AI)と法律サービス
シン・ハナ弁護士(法務法人トクス)
入力:2018-08-22午後5:30:35

まもなく弁護士独占権の例外を置く弁護士法改正案が発議されるという。簡単な法律文書を人工知能(AI)が作成して代価を受ける‘リーガルテック’を活性化するためである。大法院もまた‘スマート裁判所4.0’という名前の次世代電子訴訟システムを構築している。その者の状況と類似の判決文を検索して、人工知能が容易に訴状を作成するということである。このような流れを見るならば、‘遠くない未来に空想科学小説にでも可能に見えたAI弁護士が登場するのではないだろうか’という考えさえする。

[仮訳者注:以下全文は添付のファイルをご覧下さい。]

人工知能(AI)と法律サービス(法律新聞)20180824

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す