【韓国】電子訴訟ホームページ使用者マニュアル(2011.05法院行政処)全文

image_printPrint

電子訴訟ホームページ使用者マニュアル(2011.05法院行政処)の全文仮訳を参考に掲載します。
電子訴訟の初期のもので全ての分野に関する記述がなく残念ではあるが、それでも参考になると思います。
末尾のFAQも興味深いです。

FAQの一部
○ 動画や音声資料を提出するにはどのようにすべきか?
○ PDF形式でない文書ファイルは提出が不可能なのですか?
○ 紙書類になっている書証や添付書類はどのように提出しなければなりませんか?
○ 既にハングル(hwp)やMS-Word(doc)を使って訴状を作成していました。現在のように作成された文書をすぐに添付して訴状提出が可能なのですか?
○ 訴訟委任状にも当事者の電子署名が必要なのですか?
○ 訴状提出を委任された法務士です。電子訴訟を進めたいがどんな手続が必要ですか?
○ 所属使用者のうちで所属職員の場合、本人の電子署名で文書を提出することができるのですか?
○ 訴訟費用決定申請、諸証明(執行文、送達証明、確定証明)申請も電子訴訟で可能なのですか?
○ 電子送達された送達文書を閲覧しなければずっと送達にならないことに処理されるのですか?
○ 紙訴訟を進行中です。電子訴訟に同意しないで判決文だけを電子送達で受けることができますか?
○ 電子訴訟で電子送達受ける送達受領者を指定できるのですか?
○ 電子訴訟義務者と指定された公共機関が被告になる場合、原告が訴状を紙で提出した場合にも送達は電子送達で受けることになるのですか?

大法院電子訴訟ホームページ使用者マニュアル20180812

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す