【韓国】破産管財人選任が義務付けられ…管財人選任費用·調査期間も大幅に短縮

image_printPrint

[browser-shot width=”300″ url=”http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=72080&kind=LOC”]

破産管財人選任が義務付けられ…管財人選任費用·調査期間も大幅に短縮
仁川地院は、新しい破産手続の実施

仁川地院(法院院長ジョヨング)は、去る1日から個人破産手続から破産管財人の選任を義務付けて選任費用と調査期間を大幅に削減する新破産手続きを開始すると、先月31日、明らかにした。 新しい手順によると、法院は破産申請を受けた後、1ヶ月以内に破産宣告をしなければ、その後二ヶ月間の財産や所得調査を終えた後、3ヶ月以内に免責決定をしなければならない。従来の個人破産手続は、破産事件が入ってくると、法院が債務者の財産や所得などを調査する方法で行われて破産宣告と免責決定まで1年6ヶ月が超えることもした。150万ウォンから300万ウォンにのぼった破産管財人選任費用も30万円以下に引き下げることにして、債務者の負担が軽減された。 仁川地方法院は新しい制度の施行のために弁護士20人を破産管財人団に拡充した。昨年11月1日以降受理された事件から新制度に基づいて処理する計画である。 新制度は、ソウル中央地院で昨年2月に初めて導入し、施行して以来、大邱(テグ)地方法院、光州(クァンジュ)地方法院でも施行されている。

【出典】韓国/法律新聞

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す