京畿中央地方法務士会水原支部、第35回定期総会開催

京畿中央地方法務士会水原支部、第35回定期総会開催
image_printPrint
京畿中央地方法務士会水原支部、第35回定期総会開催
京畿中央地方法務士会水原支部、第35回定期総会開催

京畿中央地方法務士会水原支部、第35回定期総会開催

京畿中央地方法務士会水原支部(支部長ファン・スンス)は9日水原(スウォン)所在マイコンベンション テヨン会場で京畿中央法務士会パン・ヨンギュ会長と会員など100人余りが参加した中で第35回定期総会を開催して、2012年度決算および2013年度予算(案)を原案のとおり通過させた。

ファン・スンス支部長が挨拶の言葉をしている。

ファン支部長は2012年4月1日から2013年5月8日まで水原支部に入会したイ・トクチュン法務士など新入会員15人を紹介して祝った。また、挨拶の言葉を通じて会員たちのご苦労を誉めて2013年度にも変わりない声援を頼んだ。引き続き業界の不況でややもすると粗雑にしやすい本来の任務に最善を尽くすべきで水原(スウォン)市民を対象に庶民と共にする法務士になろうと強調した。

パン会長は祝辞を通じて”私たち自ら変化·改革·発展しなければ生き残るのが難しいこと”としながら”明日の跳躍のためにいつも奉仕して先に立つ法務士になろう”と伝えた。(水原(スウォン))

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=74880&kind=LOC

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す