記事一覧

【韓国】”電子時代登記スキャン文書提出方式危険性減らさなければ”

image_printPrint

大韓法務士協会政策協議会登記制度改善方案用意議論
チョン・イチョン記者 発行日2019-08-28

大韓法務士協会は法院行政処と大韓弁護士協会とともに27日ソウル、ノンヒョンドン法務士会館で第2回登記制度政策協議会を開催して登記制度の未来構想と改善方案に対して議論した後記念撮影をしている。 /大韓法務士協会提供

書類偽・変造不動産取引危険露出
電子出入証監督強化方案用意提案
賃貸借契約登記簿公示方法も主張

大韓法務士協会(会長・チェ・ヨンスン)は27日法院行政処と大韓弁護士協会とともに住民便宜と電子時代にふさわしい登記制度の未来構想と改善方案用意に出た。

三機関の主な役員陣はこの日ソウル、ノンヒョンドン法務士会館で第2回登記制度政策協議会を開催して電子時代をむかえて大変革を予告している登記制度の改善方向を議論した。

この日会議は去る4月法院行政処主管で初めての議論を経たのに続き二番目に大韓法務士協会で主管した。
法務士協会は電子登記申請活性化方案に対してスキャン提出方式に対する制度改善と電子出入証監督強化方案用意、共同賃借権公示方案用意などを提案した。

電子登記申請活性化方案の場合、電子申請で導入されるスキャン文書提出方式に対する危険性を指摘してそれに対する代案用意を要求した。
スキャン方式が持っている偽・変造に対する脆弱性、原本でないスキャン文書の流通などによる登記真正性の後退などで不良登記の危険性と不動産取引安全の危険が増加するという点を挙げた。

image_printPrint

【韓国】大韓法務士協会’第2回登記制度政策協議会’開催

image_printPrint

キム・トピョン記者 承認2019.08.27 16:28

(写真=キム・トピョン記者)

大韓法務士協会は27日協会大講堂で法院行政処、大韓弁護士協会が共にする’第2回登記制度政策協議会’を開催したと明らかにした。

この日協議会にはキム・ウヒョン司法登記局長、パク・ヨンギ、キム・ジョンファン審議官、パク・ソンベ登記課長、イ・ミョンジェ法院公務員教授、チョン・ヨンシク・カン・ギョンヒ弁護士協会理事、キム・ミョンチョル弁護士協会登記競売会長、ホン・セウク弁護士協会労務会長、キム・テヨン法協会副協会長、イ・サンフン法協会情報委員長、キム・ソンヨプ法務協会法制研究委員、チェ・ジェフン法務が参加した。

image_printPrint

【韓国】登記申請書の提出および受付等に関する例規 改正2019.8.19.登記例規第1676号、施行2019.8.19.]

image_printPrint

1.改正理由
○登記所出入証申請管理システムの障害によって相当の期間出入り事務員の許可申請または、変更許可申請ができない場合に対する対策を用意して登記申請書提出事務の円滑な遂行に支障をなくするため
2.主要内容
○登記所出入証申請管理システムの障害によって相当の期間出入り事務員の許可申請または、変更許可申請ができないときには許可申請情報と添付情報を含んでいる書面を提出する方法でその申請ができる(第16条第1項)
○第1項の申請に対し地方法院長が許可をした場合には資格者代理人に臨時出入証を発行して、登記所では臨時出入証で出入り事務員が出席したかどうか確認する(第16条第2項、第3項)
○障害が解消されたという事実を通知された資格者代理人は本来の手続きにより直ちに電子出入証の発行申請をすること(第16条第5項)
○電子出入証の発給を受けた資格者代理人は直ちに臨時出入証を返却しなければならなくて、返却された臨時出入証は直ちに廃棄する(第16条第7項、第8項)

登記申請書の提出および受付等に関する例規
改正2019.8.19.[登記例規第1676号、施行2019.8.19.]

第1章 総則
第1条(目的)
この例規は「不動産登記法」第24条第1項第1号と「商業登記法」第24条第1項第1号により訪問申請の方法で登記を申請するときの登記申請書提出・受付および補正に関する事項と「不動産登記規則」第58条と「商業登記規則」第64条により登記所に出席して登記申請書を提出できる事務員の許可に関する事項を規定することを目的とする。

第2条(用語の定義)
この例規で使う用語の意味は次の各号のとおりである。
1.‘受付担当者’というのは各登記課・所で登記申請書の受付業務を担当するように登記課・所長が指定した者をいう。
2.‘発行担当者’というのは各地方法院で登記所出入証の発行事務等を担当するように地方法院の総務課長が指定した者をいう。
3.‘出入り事務員’というのは「不動産登記規則」第58条および「商業登記規則」第64条により登記課・所に出席して登記申請書を提出することができるように許可を受けた弁護士[法務法人、法務法人(有限)および法務組合を含む]や法務士法務士法人および法務士法人(有限)を含むの事務員をいう。
4.‘地方会’というのは「弁護士法」第64条による地方弁護士会または「法務士法」第52条による地方法務士会をいう。
5.‘電子出入証’というのは出入り事務員が登記課・所で本人確認の手段で使うための用途で、地方法院長が資格者代理人の申請により移動通信端末装置で使われるアプリケーションを通じて発行する別紙第1号様式の登記所出入証をいう。
6.‘資格確認証’というのは弁護士または法務士が登記課・所で弁護士身分証や法務士身分証に代えて本人確認の手段で使うための用途で、地方法院長が所轄区域に位置した地方会に所属した弁護士または法務士に移動通信端末装置で使われるアプリケーションを通じて発行する別紙第2号様式の確認証をいう。
7.‘登記所出入証管理システム’というのは各地方法院の発行担当者が登記所出入証の発行等ができるようにハードウェア・ソフトウェア・データベース・ネットワーク・セキュリティー要素等を結合させて法院行政処が構築・運営する電算情報処理システムをいう。
8.‘登記所出入証申請管理システム’というのは資格者代理人がこの例規で定めたことにより出入り事務員の許可申請等ができるように構築されたインターネット活用空間をいう。

第2章 登記申請書の提出、受付および補正
第3条(登記申請書の提出)
①訪問申請の方法で登記申請をするときには当事者本人やその代理人(代理人が資格者代理人である場合には代理人本人またはその出入り事務員をいう。以下同じ)が直接登記課・所に出席して登記申請書を受付担当者に提出しなければならない。
②出入り事務員が登記申請書を提出する場合には登記申請書全面右側上段余白に別紙第3号様式の表示印をとって提出者欄にその事務員の氏名を記載しなければならない。ただし、数件の登記申請書を同時に提出する時には最初の申請書にだけ上の表示印をとって総申請件数を記載する方法で代えることができる。


全文は以下からダウンロードできます。

image_printPrint

【韓国】不動産電子契約目標達成率’底’…活性化無色

image_printPrint

イ・ヒョジ記者 承認2019.08.20 09:01

(世宗(セジョン)=連合インフォマックス)イ・ヒョジ記者=政府が不動産電子契約を増やそうと努めているけれどなかなか活性化しないことが明らかになった。

取り引き当事者が電子契約をするようにする追加誘引策もふさわしくなくて強制する方法も容易でなくて電子契約活性化が停滞するのか憂慮される。

20日国会予算政策処が最近発刊した’2018会計年度決算分析報告書’を見れば昨年不動産電子契約システムを通じて締結された電子取り引きは2万7千759件で目標値19万件対比達成率が14.6%に過ぎなかった。

image_printPrint

【韓国】“法務士の申請代理は国民不便解消しようということ”

image_printPrint

承認2019.03.22 17:07:10

22日‘法務士法改正案’関連政策懇談会開催
大韓法務士協会“弁護士代理権侵害と関連なくて”


[法律ジャーナル=アン・ヘソン記者]法務士の非訟事件申請代理権を明示する内容を骨子とする法務士法改正案に対して“法務士の申請代理は国民の不便を解消しようということであり弁護士の代理権侵害とは関連がない”という主張が提起された。

大韓法務士協会(協会長チェ・ヨンスン)は22日国会法制司法委員会チョ・ウンチョン共に民主党議員が主催した‘大韓法務士協会懸案聴取政策懇談会-法務士法改正案を中心に’に参加して法務士法改正の必要性を強調した。

昨年1月10日イ・ウンジェ自由韓国党議員が代表発議した法務士法改正案は現行法務士法が実際の現場でなされている法務士の業務類型を具体的に明示しないで、法務士の代理権を規定しないでいて業務処理時に各段階別に類似の委任手続きを繰り返さなければならない不便を解消するために用意された。

▲対韓法務士協会は22日国会法制司法委員会照応川一緒に民主党議員が主催した‘対韓法務士協会懸案聴取政策懇談会’に参加して法務士法改正案は国民の不便を解消するための民生法案という意見を提示した。 写真:対韓法務士協会

これに対し改正案は△法務士の業務範囲を修正したり明確にして不便を解消して△法務士の不当事件誘致禁止の内容をより一層拡大するということと同時に詳細に規定してその処罰を厳しくし、法務士の社会的・倫理的責任を強化する内容を入れた。

また△法務士事務所・分事務所設置規定を整備して法務士事務所運営上の問題点を解決するための内容も改正案に含まれた。

法務士法改正の中に関し議論するために用意された今回の懇談会はチョ・ウンチョン議員が大韓法務士協会の‘法務士法改正立法支援実務チーム(以下立法支援チーム)法務士から実際の法務現場で広がる多様な不便事例を中心に法務士法改正案の必要性に対する説明を聞いてこれに対して質問・応答する式で進行された。

立法支援チームは“今回の改正案で法務士に代理権を付与することが弁護士代理の原則を侵害するのではないかという誤解があるが全くそうではない”と主張した。

“法務士法改正案の代理は事件の代理でない申請の代理として申請と関連して申請行為、補正、送達の手続きを代理する内容で弁護士の代理権を侵害しない”という説明だ。


image_printPrint
1 2 5